読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテるカクテル研究家ブログ

マインド、ビジュアル、ボディ、全てが変わったのは2年前の非モテコミットだった。モテるカクテル研究家として活動中。

今さらだけど「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読んでみた

アウトプット ビジネス書

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読んだ。

 

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

 

 

僕のタイムラインに流れてきた本で「ライティングスキル高めないとなぁ」と思った次第である。

 

これからの時代は、よりテキストでの情報が大切になる。

ライティングスキルがなければ、情報の発信者側になれないわけだ。

 

* * *

 

文章に大切なのは、

  1. リズム
  2. 構成
  3. 読者
  4. 編集

 

の4つである。

各項目で大切だなと思ったことをまとめて書いていく。

 

 

リズムよく書くこと

リズムがいいと文章が読みやすくなる。

 

①文章におけるリズムとは、音楽のような感覚のリズムではなく、論理的に正しい文章のことを「リズムのいい文章」と呼ぶ。

②接続詞を正しく使うことで、リズムのいい文章になる。

→なるほど。リズムとは聴覚的ではなく、視覚的なものであるんだ。

 

③漢字とひらがなの2者では、漢字の圧倒的に強い。なぜならば、人は昔から「象形文字」を読解していたからである。見ただけで情報が伝わる。漢字にはその効力がある。

→たしかに。象形文字の延長線という理由なのは知らなかった。

 

構成を考えること

構成がいいと、文章がおもしろい。

 

①主張→理由→事実という「論理のマトリョーシカ」で順番で説明せよ

→人に伝えるときは、

僕はこう思う。だってこうだもん。実際にこうでしょ?。の順番で。 

 

②文章のカメラワークを考えろ

→ドラマのように、まず主人公がどんな設定なのか(客観)

そして、どういうストーリーを歩むのか(主観)

最後にどんなオチなのか(客観)

の客観と主観のサンドイッチで文章を説明しろということだ。

 

③文章の導入部分はちょーおもしろく。英語の予告編をイメージして。

この3パターンが王道らしい。

 

読者の目線に立つこと

読者の目線を持つことで、惹きつけられる文章になり、のめり込みやすくなる。

 

①事実だけ書け。うそは書くな。

②大きな嘘は許されるが、小さな嘘は許されない

→「街にゴジラが現れた!」だと、おおとなるけど、「コンビニに公衆電話が未だにある!」だと拍子抜けしてしまう。主張の部分では嘘という意見をしていいが、事実や理由で嘘をついてしまうと、信用性が一気になくなる。

 

編集すること

編集して文章をよりシンプルにすることで、伝わりやすくなる

 

①伝わる文章はオレンジジュースと同じだ

→野菜ジュースのように、あれもこれも盛り込んでしまうと「結局、これは何の味だ?」というオチになってしまう。オレンジの味を強調するために着色料を入れ、水などで薄めずに、果汁100%にせよ。

 

* * *

 

ということで約1000文字でサクッとまとめてみた。

 

次回はこちらの書籍についてアウトプットしていきたいと思う。

 

 

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則