モテるカクテル研究家ブログ

マインド、ビジュアル、ボディ、全てが変わったのは2年前の非モテコミットだった。モテるカクテル研究家として活動中。

MEDIA MAKERSはネット広告代理店営業マンの1年目の教科書である

 ちょうど、さっき、田端信太郎 著 『MEDIA MAKERS-社会が動く「影響力」の正体』を読み終わりました。

 

アウトプットを兼ねて、書籍を読んでいてメモした部分をブログにも残していきたいと思います。

 

お世辞とかじゃなく、MEDIA MAKERSは広告代理店営業マンの教科書である

 

僕はインターネット広告代理店の1年目営業マンです。

 

ネット広告代理店は、どうやってお金を儲けているのかというと、色々なメディアを扱い、広告主をより儲けさせます。その儲けの1部を広告手数料としてお金を頂くわけです。

 

そういうわけなので、メディアの扱い方を間違えてしまうと、広告主にも、ユーザーにも付加価値を提供できないクソ営業マンになってしまい、金儲けができません。

 

メディアの扱い方を活かすも殺すも自分次第なのですね。

さて、メディアの扱い方は誰に教えてもらえるのでしょうか。

 

結論を言うと、誰にも教えてもらえません。

 

もちろん、会社の研修で「livedoorブログにはこんな特徴があって〜」「AmebaやLINEブログってユーザーが若年層で、基本的に頭が悪い人しかいない」などの概要や機能的な説明をしてもらえるのですが、「メディアの扱い方」を教えてくれる研修はおそらくどこの会社でも難しいでしょう。

 

そんな時にツイッターのタイムラインに回ってきた「MEDIA MAKERS」と出会います。

著書の言葉を借りるならば、LINEのおエライさんである田端さんの「権威性」に負けて、手にとってしまった次第でございます。

 

さて、内容はどうかというと、広告代理店営業マンとして知っておくべき、いや、知っておかないといけなかったと思ううえ、これからビジネスパーソンとして社会で戦う人は必読の1冊なことは間違いないと思いました。

 

特に、僕の場合はツイッターでnoteを売ったり、ブログを書いたりしている、つまり「メディア(MADIA)を作っている(MAKAR)立場」なので、グサグサと心に刺さりました。

 

読んでみて心に刺さったこと

 

第1章<はじめに>

著者はメディアのカエルだということ。つまり、紙媒体としての旧式のメディア、ネットとしての新型のメディアの2つを渡り歩いてきた人物であるがゆえ、「メディア」とは何なのかを紐解いています。

 

僕が刺さった部分は「メディアを作る側に立つことが、自分がメディアを受け取る側としての能力を格段に上げること」という部分です。

 

具体的には、

  • メディアの読解力
  • メディアの判断センス

を学ぶことができます。

 

一般的に、勉強をはじめとして、「アウトプットは大切」と口酸っぱくいわれます。

しかし、メディアを作る側に立つと、メディアを読解する力も養える、つまり「何がいい記事」で「書いている人はどのポジションからものを言っているのか」が分かるようになるということです。

 

メディアを受動的に受け取っている立場にいると、わけのわからん怪しい情報商材を買ってしまったり、ムダな情報にお金を払ってしまうことになります。MEDIA MAKERになれば、「え、これって怪しくね?」と、避けることができるのですね。

 

第2章<一般ビジネスパーソンもメディアの知識が必要な時代>

これからの時代は、人の価値が大切であること。つまり、自分の時価総額が最も大切です

 

例えば、フェイスブックの2倍の資本金を用意して、普通の人に「フェイスブックを作って」と言っても、実現できません。

 

しかし、イケてる人、例えばアルファツイッターラーと呼ばれるような、フォロワーが何万、何千人もいる人が組めば、たとえ、100万しかなくても、フェイスブックのようなワクワクする会社が作れる可能性があります。

つまり、個人単位として、スキルが高く、付加価値を出せるビジネスパーソンになるために働くことが大切なのですね。

 

第6章<メディア野郎へのブートキャンプ>

ビジネスパーソンになると、「ペルソナがどうだ、ペルソナをまずはじめに考えなければならない」と口酸っぱく言われます。

しかし、「ペルソナがなぜ大切なのか」ということは、結構教えてもらえません。教えてもらえたとしても「1人にターゲットを置くことで、売れるモノが作れるんだ」と表面的な回答しかもらえません。

 

なぜ、ペルソナが大切なのか。

それは、「ブレない判断軸」を作ることにあります。

 

僕の仕事に置き換えてみます。

 

広告代理店は、あくまでも仲介業なので、ステークホルダーがたくさんいます。つまり、仕事をするうえで、関係者になる人がイヤになるほどたくさんいるのですね。そのため、決断を下すタイミングが腐るほどあります。

 

例えば、広告セールスを出すタイミングや、出す場所、出し方。また、編集判断や、ライターさんへの依頼方法など色々あります。

そこで、「ブレない判断軸」があれば、すばやく、正しい決断をすることができます。

 

第7章<メディアとテクノロジー>

アーキテクチャによる支配」を学びました。

 

グーグルのクローラーと呼ばれる技術により、メディア側はSEOとしての観点を持ち、記事がどんどん説明的になっています。なぜなら、SEOを意識しなければ、検索順位で上位に上がらず、多くの人に読んでもらうことができないからです。

つまり、テクノロジーがメディアのあり方を変えているのですね。

 

しかし、その中でも「メディアとしての存在意義を再定義しなければならない」と著者は言っています。

どういうことか。

 

例えば、numberというスポーツ紙があります。普段は月に1回の出版です。そのため、「月に1回、スポーツの情報をまとめた出版社」と捉えられます。

 

しかし、numberは、Wカップシーズンには、週に1回雑誌を出版します。

 

なぜか。

それは自分たちのメディアとしての存在定義を「世界の最先端情報を雑誌を通して発信する会社」として定義しているからです。

 

僕の場合何が言えるか。

僕は「モテるカクテル研究家」として、現在は1000人弱のファンがいます。そのフォロワーが何を求めているのかを考えなければいけません。

 

つい最近まで「お酒の解説をするツイッターアカウント」として、お酒のツイートをダラダラ発信していました。

 

もちろん、「お酒のツイート」ためになります。と言ってくれる人もいますが、「それって僕じゃなくてもいいし、なんなら何十年もバーテンダーしている人の方が詳しい知識を提供できるよね」ってことです。

 

僕のツイッターアカウントとしての定義は何なのか。

 

 

それは、「モテるようになるためのツールとして、お酒をどう活かすか」を情報発信することだよな。ということに気が付きました。

 

現に、僕が書いたnoteの売れ行きTOP3をみると、

 

note.mu

 

note.mu

 

note.mu

 

というように、「”モテる”という目的のために、お酒を”どう使うべきか”」を紐解いているものばかりでした。

 

改めて、ユーザー(フォロワー)に何を付加価値として、提供していけばいいのかを思い知らされる日曜日の夜なのでした。

 

終わり。

 

 

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 宣伝会議

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 宣伝会議

 

 

 

 

これでもう迷わない!ワインと料理の3つの食べ合わせ方

f:id:damesbond2016:20170610160919j:plain

こんにちは、デームズです。

今回は、ワインと食事の「食べ合わせ」についてご説明していきます。

 

ワインと料理の食べ合わせのコツを知れば、一気にワインマスターに近づけます。

今週もサクッと勉強しちゃいましょう。

 

「似た色」で食べ合わせる

この法則が1番わかりやすく、ハズレがないです。

赤ワインには、牛、鴨、羊などの赤身の肉を。白ワインにはぶたやとりなどの白身の肉を。魚でも同じことが言えますね。

 

もう少し応用させると、サバの塩焼きならば白ワインで、照り焼きなら赤ワインが合います。肉=赤ワイン、白=魚と飛びつくのではなく、食事の色によってワインを合わせていきましょう。

 

「似た味」で食べ合わせる

こちらの法則も分かりやすいでしょう。

 

例えば、ビーフシチューなどのこってりした料理には、深い赤ワインであるメルローなどがいいでしょうし、クリームソースパスタにはシャルドネがいいでしょう。

「反対の味」で食べ合わせる

この法則は、正直、難しいです。

理由は2つです。ワインの味を一通り把握しておかないといけないので、ある程度ワインの経験値が必要です。また、味は人よって感じ方が異なるので、自分は合うと思っていても他の人にとっては合わないことがあるからです。

 

簡単な例をご紹介すると、塩気の強いブルーチーズと甘口のリースリングや甘口のスパークリングワインなどがいいですね。

ワインと相性が良くない食べ物

ワインと相性が合わない食べ物が2つあります。

「酸っぱい料理」と「辛い料理」です。いわゆる、ビールの得意分野ですね。

この2つは無理せずワインで食べ合わせるのではなく、ビールやカクテルなどの他のお酒で食べ合わせましょう。

 

以上!

カンタンでしたよね。料理に合うワインを頼んでも特にプラスにはなりません。

しかし、デートで食事に合わないものを頼んでしまうと、結構マイナスポイントなので、気をつけてくださいね。

 

 

damesbond.hatenablog.com

 

 

都内のオススメのデートコースをまとめています。

 

f:id:damesbond2016:20170528140145j:plain

こんにちは、デームズです。

 

都内に住む20代のメンズに向けてデートコースを書いてみました。

随時、更新していきます。

 

デートコースのクオリティは、Forkyに無料デートコースを投稿しているので、

参考にしてください。

ポイントは単純なデートプランではなく「どうゴールまでつなげるか」を逆算したプランになっています。

 

www.forky.jp

 

 

このnoteを使ってほしい人

・20代前半の女性とデートをする
・お金をそこまでかけたくない(8000円以内に抑えたい!)
・とはいえ、デートコースを探すのがめんどう
・駅からごはん屋さん、ホテルまで極力歩きたくない
・おいしいビールやスパークリングを飲んで、ある程度おなかいっぱいになりたい
・既存の彼女と費用を抑えてデートしたい 

池袋

【オススメポイント】

・10種類のこだわりクラフトビールを一緒に選んで飲み比べしよう
・「溢れ出るスパークリング」でコスパよく酔える
・1軒目〜ホテルまで総額、約5000〜8000円に抑えられる

note.mu 

新宿

【オススメポイント】
・ワイン、カクテルの種類が豊富で、ハムとチーズの品揃えがバツグン。しかも安い。
・1時間1000円で飲み放題のプランもある
・総額約5000円〜8000円に抑えられる
・「映画観に行かない?」の鉄板セリフでアポ確定

note.mu

表参道

note.mu

note購入者の感想

 

デームズのワイン入門講座「単一とブレンドとは?」

f:id:damesbond2016:20170528132112j:plain

こんにちは、デームズです。

今回もワインについて一緒に学んでいきましょう。

 

 

単一とブレンドについて

ワインには大きく分けると「単一」と「ブレンド」の2種類に分かれます。

コーヒーで言ったら、ストレートコーヒーとブレンドコーヒーの違いですね。1つの豆から作ってるものなのか、ごちゃごちゃ混ざった豆からできたものなのかの違いです。

 

で、ワインにおいて何を混ぜているかという話ですが、それは前回の記事をご覧ください。

 

damesbond.hatenablog.com

 

どうやって見分けるの?

ラベルを見て下さい。
ラベルに、カルベネソヴィーニョンとハッキリ書いてあれば、それは1つのぶどうからできています。ラベルの見極め方については、また別の回で解説したいと思います。

新世界と旧世界って何?

 

新世界≒単一ワイン

単一のワインは、アメリカ、チリ、オーストラリアなどの新世界と呼ばれる国で生産されていることが多いです。

旧世界≒ブレンドワイン

一方で、よく分からない名前でできているラベルは、色々なぶどうからできています。フランス、イタリア、スペイン、ドイツヨーロッパの国は旧世界と呼ばれています。

僕は暗記力がないので、ヨーロッパはブレンドで高級、その他は単一でお手頃と覚えています。

で、何を飲めばいいの?

初心者は新世界のワインから飲むことをオススメします。

いきなりヨーロッパの難しいワインの飲むのは、センター試験の問題が解けていないのに、東大や京大の2次試験にいきなり挑むようなものです。

 

初心者は、無理せずシンプルなワインを飲むことをオススメします。

単一の味を覚えることによって、グッとワインの全体像を掴むことができるでしょう。

 

以上、ワイン講座でした。

 

damesbond.hatenablog.com

 

デームズのワイン入門講座「どの味を飲めばいいの?」

f:id:damesbond2016:20170520221226j:plain

こんにちは、デームズです。

今回はどの味のワインを飲めばいいのかです。

ワインは、ぶどうの種類で味が決まります。大きく分けると赤ぶどうと白ぶどうの2があるのはご存じですよね。その赤と白にそれぞれ数100種類あります。

 

では、その種類の中でどれを飲めばいいのでしょうか。

どの種類のぶどうを飲めばいいの?

ワインが難しいとされている1番の要素はココです。

なぜならば、1つのぶどうでも収穫する地域、作った人、年代によって味が変わるからです。


例えば、タイ米と言われたら、パサパサしてて縦長のお米だよねとなりますよね。
しかし、もこみちさんが作ったタイ米だとオシャレでもちもちしてて、横長の粒になったりするんですね。

 

ちなみに、ワインソムリエになるためにインプットする教科書はタウンワーク並みの分厚さのものを使用します。それくらい暗記することが多いのです。

 

話を戻しましょう。

 

色々なぶどうを試しましたが、デームズ的に"まずは"赤2つ、白2つで十分だと思っています。今回は基礎の基礎なので、必要最低限に絞ります。

 

赤ワインのぶどう

f:id:damesbond2016:20170520225230j:plain

カルベネソヴィーニョン

赤ワインの王道です。タンニンが強く、重くて深い味わいです。

(タンニンとは渋みのことを指します)

カルベネソヴィーニョンは必ず覚えなければなりません。ポケモンで言えばピカチュウです。スラムダンクで言ったら桜木です。ドラゴンボールで言ったら悟空です。

とにかく、The主役です。

メルロー

タンニンが少ないため渋みが少なく、まろやかで丸みがあります。ものによっては、チョコレートのような甘さを味わうこともできます。ちなみに、デームズはメルローが大好きです。

 

白ワインのぶどう

f:id:damesbond2016:20170520225231j:plain

シャルドネ

白ワインの95%は辛口です。その代表するのが、シャルドネです。

シャルドネから、シャンパンやシャブリなどの辛口白ワインが作られます。

リースリング

全体の5%である希少種の甘口白ワインです。いいワインを売っているワインショップに行けば見つかりますが、スーパーには基本に置いてありません。なかなかお店で見つけることができないのが難点。しかし、辛口ワインしか飲んだことない人の概念をぶち壊してくれるので、ぜひ飲んで欲しいです。

 

以上です。

ワインを飲み比べたり、教えてあげたりと、大切な人と楽しんでくださいね。

 

damesbond.hatenablog.com

 

デームズのワイン入門講座「ワインのおいしさとは?」

こんにちは、デームズです。

今回から10回に分けて、一緒にワインを学んでいきましょう。 

 

f:id:damesbond2016:20170514114351j:plain

ワインのおいしさとは

まずは、ワインのおいしさについてから始めましょう。
結論から言うと、ワインのおいしさの感じ方は十人十色です。
ウン十万円するワインを、おいしいと感じる人もいれば「なんだこのクソ不味いワインは」と感じる人もいます。

おいしいワインの定義とは

それは「バランスのいいワイン」です。
酸味が強すぎるとか、渋み(タンニン)が強すぎるとか、フルーティー感がありすぎて、ジュースが見分けがつかないなどの「〜すぎる」ワインは、ワイン界の中ではアカンとされています。

「コドモ舌」と「オトナ舌」

さて、おいしさを感じるのには、段階があります。

小さい頃に、パパが仕事終わりに飲んでいるビールをちょっともらって「何この苦くてまずいものは!」と言っていたあなたが、大学生になって「ビールwウェーイw」となってしまうアレです。つまり、加齢とともに、味覚が変わるのですね。

 

ワインもこれと一緒で「コドモ舌」と「オトナ舌」の2段階に分けられます。

「コドモ舌」とは、わかりやすくておいしいワイン、つまりジュースっぽいワインが好きな段階に属する人のことを指します。まあ、若い人やワインを飲み比べしたことない人はこの段階でしょう。
コドモ舌でワインのおいしさが分からないのに、高価なワインを飲んでしまうのは愚の骨頂です。

「オトナ舌」とは、ワインをたくさん飲んで「あーだこーだ」うんちくを垂れてきた経験者の段階ことを指します。普通の人には、わかりにくい深みのあるワインが好きなんですね。

あなたはコドモ?オトナ?どっちの舌?

あなたはどっちの舌なのでしょうか。
スーパーにある2本のワインを買ってみれば、1発であります。

f:id:damesbond2016:20170514114854j:image

1つ目は、ビンじゃないボトルのワインです。

例えば、「サントリー 酸化防止剤無添加のおいしいワイン。 」とかでいいでしょう。
(ビンじゃないものには、ワインモドキが混じっているので気をつけてください。ボトルに”ワイン”と書いてあればOKです)
コドモ舌の人はこれを飲んでも「うん、うまいんじゃね」と思うはずです。オトナ舌の人は「え、バカにしてるの?」と思うはずです。

 

2つ目に「Alpaca」です。

f:id:damesbond2016:20170514114952j:image

これもめちゃくちゃ有名で、スーパーならたいてい置いてあるものですね。
これを飲んで「もっと深みがあるものが飲みたい」と思ったら、オトナ舌の段階に入ったと言っていいでしょう。

まとめ

まずはスーパーで、自分がどの段階か試飲してみるのがいいでしょう。

ワインのおいしさがよく分からないのに、お店で高いお金払うのはもったいないですからね。 

次回も僕と一緒にワインを学びましょう。

 

damesbond.hatenablog.com

 

酔うって何?結局、お酒をどのくらい飲めばいいの?

f:id:damesbond2016:20170314193226j:plain

こんにちは、モテるカクテル研究家のデームズです。

前回、ご紹介した記事の続きです。

damesbond.hatenablog.com

 

今回は「飲むべき酒と飲ませる酒は分かったけど、で、結局、”どれくらい”飲めばいいの?」という趣旨です。

 

酔うってなに?酔うメカニズムとは

まずは「酔う」って何を指すのでしょうか。簡単に触れたいと思います。

f:id:damesbond2016:20170314174902p:plain

参考:アルコール健康医学協会資料 

もちろん、個人差はあると思いますが、グラフに定義されている状態を用いることにします。

 

 

 「酔い」 を知るために必要な2つのこと

1つ目は、「成人がアルコールを処理できる量」です。

  • 体重60~70kgの人で「5g/1時間」

つまり、1時間に5gのアルコールを処理できるということです。

2つ目に、「アルコール量を計算する公式」です。

  • 飲んだお酒の量×度数×0.8=アルコールの量

単純にお酒の量に度数をかければいいのではなくて、それより若干少なくなるんですね。

 

上記の2つは、覚える必要ありません。僕が最終的に覚えておいて欲しいことをまとめるので、それだけ覚えてください。

結論を導くために、どのようなプロセスを踏んだかを記すために書いただけです。

 

 

代表的なお酒で見てみると

お酒の名前/量/度数/アルコール量

・缶ビール/350ml/5%/14g

・瓶ビール/500ml/5%/20g

ウイスキー/30ml/40%/10g

・ワイン/125ml/12%/12g

・日本酒/100ml/15%/22g

・シャンディーガフ/300ml/3%/7g

カンパリソーダ/300ml/8%/19g

スクリュードライバー/300ml/13%/31g

・ルシアン/60ml/37%/18g

 (ワインは安定的にいいなぁ。シャンディーガフはやっぱ弱いし、スクリュードライバーえぐい。。流石、レディーキラーカクテル。。)

 

なぜ、上記のカクテルを選んだかはこちらを参照してください。

damesbond.hatenablog.com

 

 

アルコール作用はいつから効いてくるの?

飲んでから10分以内にいわゆる「酔う」という現象が表れはじめ、40~60分後にはピークに達します。

 

 

じゃあ、結局どれくらい飲めばいいの?

ここからが本題です。

「ほどほどのアルコールが顔の魅力を上げる」というおもしろい論文を心理学アカウントのジンヤさんに教えて頂いたので、引用しました。(ジンヤさんありがとうございました。)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25716115

(アルコールに関する医学評議会およびオックスフォード大学出版社より引用)

 

簡単にまとめると、

  1. しらふ→ノンアル
  2. ほろ酔い→「0.4g/kg(アルコール量/体重)」
  3. ぼちぼち酔い→「0.8/kg」

の3パターンで、

異性の顔が1番魅力的に認識するのってどのくらい飲んだ時なの?

という実験を行いました。

 

結論

結果は②でした。

つまり、しらふもダメで、酔いすぎもダメで、「ほろ酔いが1番いいよね」という、まあ、そうなるよねという結論です。ほろ酔い気分の時が相手が、男性ならイケメンに、女性なら美人やキュートに見えるようになるということです。 

 

しかし、大切なのはここからです。

 

なんで、ほろ酔いがいいの?

ほろ酔いだと、相手の顔をイケメンに認識するとのことでした。

イケメンって何なのでしょうか?

 

イケメンってのは、顔が左右対称のこと

みなさんもよくご存知の、顔が左右非対称だとイケメンや美人に見えて、非対称だとブサイクに見えるというアレです。

f:id:damesbond2016:20170314184520j:plain

f:id:damesbond2016:20170314184525j:plain

 

で、お酒を飲むと、認識力が鈍り、顔の左右非対称を認識する能力が失われる。つまり、イケメンや美人に見えるという結論です。

 

飲みすぎてもダメ!?

実は、飲みすぎてもダメなんですね。飲みすぎると、左右が対象か非対称かという微妙な違いが認識できないどころか、そもそもの顔の認識がちゃんとできなくなるからです。飲みすぎは本末転倒ということですね。

 

もうちょっと深堀りしてみる

さて、僕のフォロワーのみなさんは、知的な方々が多いので、数字的な話をしていきます。

適切なアルコール量を数字的に表すと「0.4g/kg」がベストでした。これを実用的な知識にしていきます。

 

男性と女性の平均体重が、

男性 60.9kg
女性 50.4kg

総務省「平成22年 国民健康・栄養調査」

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020101.do?_toGL08020101_&tstatCode=000001041744 

なので、便宜的に男性と60kg、女性を50kgとします。

 

そうすると、それぞれどれだけのアルコールが必要かというと、

  • 男性は、60×0.4=24g
  • 女性は、50×0.4=20g

となります。

 

ここでもう1度、アルコール量の表と照らし合わせます。

  • 小数点は切り上げ(実際、お酒は残さないで、1杯ごとに飲みきるため)
  • ターゲットを女性(20g~39g以内で、40gを超えない範囲)

という2点を条件とすると、

・缶ビール/2本

・瓶ビール/1本

ウイスキー/シングル2杯

・ワイン/2杯

・日本酒/1杯

・シャンディーガフ/3杯

カンパリソーダ/2杯

スクリュードライバー/1杯

・ルシアン/2杯

という結果になりました。

 

まあ、簡単に言うと、基本的に「普通のお酒は2杯くらい飲むがちょうどよくて、強いお酒は1杯、弱いのは3杯」で、酔いのピークって1時間後くらいにくるよねってことになりますね。

 

 

 以上、前回の記事と合わせて、

「何を」「いつ」「どのくらい」飲ませればいいのかが分かって頂けたかと思います。

お店やバーで「あー、今コイツ、どういう状態で、これからどうやっていくのか」が手に取るように分かるはずです。

 

 

みなさんのデートが上手くいきますように。

 

* * *

 

そろそろ、お花見の季節ですね。

最近は、ワインに着手しているのですが、ちょこちょこ「ワインの試飲会参加したい」という声を聞くので、男女で花見をしながらワインの試飲会なんかしてもおもしろいのかな?と思ってます。また告知しますね。